新人は社員研修にどう向き合えばいいのか

まずは将来像を思い浮かべる

これから社員研修を受ける新入社員の方は、まず自分が将来どうなっていたいのかという将来像を大まかでいいので思い浮かべてみましょう。
将来にどうなっていたいというイメージが思い浮かべば、研修の時に何をすれば良いのか自ずとその道がひらけていきます。例えば入社何年までにどのようなポジションにいたい、あるいは何歳までには特定の資格を取れているようにしたいなど、目標を具現化していけば、研修内容もどんどん覚えていくことができます。新人研修は誰もが通る道であり、そこでうろたえていてしまっては、これからの長い労働人生も出だしで躓いてしまいますから、あまり深く考えこまずに将来の目標に向かって研修を受けるという姿勢が大事です。

受け身でいるのはなるべく避ける

新人研修の時に受け身で研修を受けていても先輩社員は教えてくれますが、なるべくならば自ら率先して研修で学ぶ姿勢を大事にしましょう。
例えば同期の話したことのない社員とコミュニケーションを取って行ったり、率先して研修内容を理解していけば、ライバルとの競争にも打ち勝っていくことができます。受け身の姿勢でも大丈夫だった学生時代とは違い、社会に出ると徹底的に攻めの姿勢になっている人が活躍しますから、ビジネスマンとして通用する実力を身につけていくなら、新人研修での社会人のマナーや仕事の基礎などを完璧に覚えるようにしましょう。新人研修でマスターすべきことはビジネスマナーと社会人としての心構えですから体に叩き込むのが大切です。

© Copyright Playing For Change. All Rights Reserved.