最近の社員研修はこんなに面白い!

いったい何の目的が?サバイバル系研修

社員研修と聞くと椅子に座って話を聞くというイメージがありますが、中にはいったい何の目的があるのだろうと思ってしまうようなサバイバル系の研修もあります。
インスタントラーメンで有名な会社には無人島でサバイバル生活をするという研修があります。まるでテレビ番組の企画のような研修ですね。持ち物は最低限の水や食料、衣類のみですがインスタントラーメンを販売している会社だけに自社のインスタントラーメンも持っていきます。初日は火をおこすこともできず、ラーメンをそのまま食べなければならなかったりします。ようやく火がおこせて普通のラーメンを食べられた時の感動は忘れられない経験になるようです。
一人で生き抜く力を養い、心身ともに骨太の管理職に成長することが研修の目的となっています。

こんなものを作るの?モノづくり系研修

サバイバル系の研修以外にも何かを作る研修もあります。
ある有名なパン屋さんでは2年間かけて小麦粉を育て収穫し、パン作りまでやるという社員研修があるようです。ほかにも家電メーカーでは「投石機」を作る社員研修があります。これはグループで投石機を作ることにより協調性やアイデアを培うことを目的としているようです。
大手建設会社では「ものづくり原点研修」と題して訓練センターに1週間泊まり込みで鉄筋コンクリートの建物の躯体工事を行います。これは様々な社員研修の卒業試験として行うもので10人程度のグループで行うようです。設計図に基づき建てた後解体まで行います。職業人としての心構えやイメージをつかむために効果的なのではないでしょうか。

© Copyright Playing For Change. All Rights Reserved.